ゆこー!いこー!40代からのハッピーライフ!

40代独身女:人生折り返し地点、これから自由に人生楽しむぞ!と40代になってから新しいことにチャレンジ中。

40代独身女、シミを取りたくてフォトフェイシャルやってみた。

f:id:yucoico:20210627175220j:plain

お顔に黒いシミ…

気になりますよね~

40もすぎるとシミ気になる人多いのではないでしょうか。

 

シミを取る!となるとやはりレーザー治療が思いつきます。

 

レーザー治療とは、レーザーの光で肌の黒い色素に反応して熱を放射してメラニンを破壊しシミを取る方法。レーザーは即効性が高いですが、強い痛みと、ダウンタイムがあり、1週間から2週間絆創膏を貼る必要があります。

 

お客様でもレーザー経験者の方もわりといて、治療したばかりとお顔に絆創膏貼ったままでご来店のお客様もいました。

 

皮膚科で治療された方は痛いという人が多く、美容皮膚科で受けた方はあまり言わない気がします。私比ですが。

お値段も皮膚科だと数千円でできたりリーズナブルな傾向。

 

興味はありましたが、接客業なので顔に絆創膏を貼るわけにはいかないのと、何より痛いのが嫌!!ということであきらめていました。

 

ある日お客様が、近所でフォトフェイシャルをしてるそうで、痛くもないけどシミも薄くなる、しかもダウンタイムがないとおっしゃっていました。

 

フォトフェイシャルとは、「IPL」と呼ばれるカメラのフラッシュのような光で、肌に沈着したメラニンにダメージを与え、メラニンを浮き上がらせてくれます。その後皮膚の代謝によってメラニンが剥がれ落ちて徐々にシミが薄くなります。

また、幅広い波長域の光を顔全体に照射するため、シミだけでなく赤ら顔、くすみ、小じわ、たるみなど顔全体の総合的な肌トラブルの改善が望めます。痛みも少なくダウンタイムもほとんどありません。

 

おぉ、良いことずくめ😲

 

そうなるとお値段が気になるところです。

レーザー以上にかなりばらつきがあります。

フォトフェイシャルは使ってる機械の違いはもちろん波長を変えることで様々なお肌のお悩みに対応できるため、その組み合わせやあてる場所の範囲で値段が変わったりします。自由診療なので金額設定は病院側の自由だからです。ただ、フォトフェイシャルの機械会社から大体この金額でという目安は提示されるそうです。

 

フォトフェイシャルを教えてくれたお客様が安くで通えると教えてくれたのが、皮膚科でも美容皮膚科でもなく、なんと眼科。

表向きは眼科の治療に使うという名目で置いているそうですが、実際のところ奥様が欲しい!と言うので買ってあげたとか。(笑)

医者の特権、超うらやましいです。

最新の機械を使っていて1回15000円でできるとのことで早速行ってみました。

ちゃんとした美容皮膚科とかと違い、メイク落としや基礎化粧品、日焼け止めはおいてないけどその分お安いので気になりませんでした。

実際受けて、パチンとゴムをはじいたような痛さ。

シミやほくろがあるところにあてると痛いです。(通常はほくろは避けるそうですが…)

5回受けてみました。

結果、肌の調子は良くなりました!

でもシミはあまり影響なかった気がします。

 

ここの皮膚科は先生がいかにも片手間でしていて、その日の気分でやる時間とかが変わります。また、未経験の看護師の練習台にさせられ、お顔の上でずるずる動いてちゃんと光が当てられていなかったのも結果がでなかった原因かなと思います。

フォトフェイシャルはどんな良い機械を使っても機械を使う人でも変わるんだなと実感しました。

次はお金出してでも美容皮膚科に行くと思います。

 

フォトフェイシャルは美肌を目指す方にはおススメです。ダウンタイムがないので絆創膏を貼る必要もないのでバレずにシミ取りもできます。でも、お値段だけでなく、照射範囲やお悩み別の対応ができるか、そしてだれが実際機械を使って施術してくれるのかを確認しましょう。

 

▼▼美白と安全性の特許を取得したクレイパック▼▼

二の腕のシミやブツブツ気になりますよね。パラオ諸島の貴重なクレイを使い、プラセンタの250倍の美白有効成分とプラセンタ以上の保湿力、アルブチンの8倍の美白効果で美しい肌へ。しわやくすみの改善にも期待できます。医薬部外品